法律問題に関するよくある質問。

Q&A・事例紹介

友人にお金を貸したのですが、一向に返してくれません。まず、どんなことをしたらよいでしょうか。
とても良くある相談なのですが、答えはなかなか難しいです。
先ず相手と連絡が取れる状況であれば、弁護士に依頼して交渉してもらうことになるでしょうか。時に、内容証明郵便を送るだけで支払ってくることもあります。
相手と連絡が取れない、住所も判らないとなると、話は難しくなります。弁護士に依頼し、相手の住所地を調査してもらうことから始めざるをえないでしょう。
ただし、最も難しい点は、貸した金額とかかる費用の関係です。貸した金額が少額ですと、費用倒れになる可能性が高いです。その辺りは、最初に弁護士にご相談下さい、弁護士が適切にアドバイス致します。
いままで自分で交渉してきたのですが、埒があかないので、弁護士に依頼して法的手続きをとって欲しいと思っています。どんな方法があるでしょうか。
法的手手続には、大きく分けて調停と裁判があります。
ただ、今まで交渉が上手く行かなかったことを考えると、調停ではまとまらないかも知れません。その場合には訴訟をすることになります。
訴訟の場合には金額が140万円未満であれば簡易裁判所へ、140万円以上であれば地方裁判所へ提訴することになります。
少額訴訟という制度があると聞いたのですが、そんな制度ですか。
少額訴訟とは、1回の期日で審理を終えて判決をすることを原則とする、特別な訴訟手続です。簡単な手続ですから、ご自分でやることも十分可能です。
ただし、60万円以下の金銭の支払いを求める場合に限り、利用することができます。また、原告の言い分が認められる場合であっても、分割払・支払い猶予・遅延損害金免除の判決がされることがありますので、その点には注意が必要です。
調停が成立したり裁判で勝ったとして、本当にお金が返ってくるのでしょうか。
この点が皆さんの最も気になるところでしょう。しかし、これに対してはケースによるもので判りませんとしかお答えのしようがありません。相手に十分な資産がある場合(不動産や預貯金口座)で、その資産に担保が付いていなければ回収することは可能でしょう。ただ、そのようなケースは多くはありません。
他方、そのような資産がない場合、またはどこに資産があるのか判らない場合には回収することは難しいです。
なお、弁護士といえども、相手方の資産がどこにあるのかを強制的に調査することはできませんので、その辺はご理解下さい。
弁護士に依頼した方がよいのでしょうか。
まさにケースによります。ご相談頂ければ、弁護士としての見通しをお話し致しますので、先ずはご相談下さい。
借金に関する問題に対し、何か良い方法はありませんか?
借金問題の解決方法として、債務整理という法的手段があります。
債務整理に関しては下のご質問をご覧下さい。
債務整理とは何ですか?
債務整理とは、交渉や裁判手続によって、借金などの債務の負担を軽減し、あるいは免除する法的手続の総称をいいます。
債務整理とは具体的にどういう手続をとるのですか?
個人の債務整理の場合、具体的には、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の4つの手続が中心となります。もちろん状況によってはそれ以外の方法、例えば、消滅時効の援用や相続放棄などの方法をとることが出来る場合もあります。
交通事故の加害者は,法的にどのような責任を負うのでしょうか?
人身事故の場合、加害者は業務上過失致死傷罪・自動車運転過失致死傷罪などの刑事責任を負います。物損事故の場合には、器物損壊罪などの刑事責任を負うこともあります。また、民事上は被害者に対して損害賠償責任を負うことになります。その他行政上の責任を負うことにもなります。
電話相談は無料ですか?
電話相談は、顔が見えず誤解が生じるおそれが多いため、原則としてやらないことにしています。依頼者にとっては簡単な相談は電話で済ませた方が便利だと思われるのでしょうが、電話では簡単な説明ぐらいはできても、本当の相談は無理です。
電話で予約を受け、後日面談を行うという手順になっています。
もちろん、電話でも簡単な説明はいたしますし、説明程度であれば当然無料です。
予約なしでいきなり事務所を訪ねてくる人はいますか?
これが意外と多いのです。
みなさん、どこに相談していいか迷っている、あるいは切羽詰った問題を抱えていらっしゃるわけですから、予約なしで事務所に来られる方もいます。そんな場合でも出来るだけ対応するようにしています。
「どんどんいらっしゃい」というと問題がありますが、法律事務所はある面現代の駆け込み寺的な場所であるわけです。1人で悩んでいるんだったら是非いらしてください。
相手や他人に知られたくないのですが。
弁護士には守秘義務があります。正式な依頼が成立する以前の法律相談の段階から相談者や依頼者の個人情報はゼッタイに外に漏れるようなことはありません。
どんな相談が多いのですか。
やはり離婚問題、遺産相続、交通事故が多く、それから倒産や自己破産なのどの債務整理でしょうか。最近は通信販売やサギビジネスなど消費者に関する被害が多くなっています。

土日も相談可!夕方6時まで受付!TEL:045-201-3651 FAX:045-201-3652

横浜弁護士会所属 広瀬 正晴法律事務所 〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町3-36 クリオ横浜関内壱番館702号

(c) 2012 広瀬正晴法律事務所 All Rights Reserved.